地域力で創る!貴方の参加で創る! 高齢者と幼児に優しい町

月別: 2017年6月

第1回説明会レポート

Sweet town 初めての説明会が5月27日に大田区蒲田の区民活動支援施設蒲田 MICS大田(消費者センター内1階)で行われました。

 

理事長からSweet town を立ち上げる趣旨と目的、この事業の意義などの説明から始まり、ケアマネージャーからの介護保険の現状についての講話、参加企業によるIOT 機器の紹介などの他、活発な質疑応答もあり充実した説明会になりました。

 

 

 

 

 

説明会は、徘徊でお悩み、相談したい方や介護保険外のサービスを希望される方など、お気軽にご参加ください。

もちろん、見守りパトロール会員やボランティアスタッフとして興味のある方もお待ちしております。

 

 

説明会・プログラム

1.ごあいさつ

2.いずこねっとの趣旨と目的

3.介護保険の現状とこれから

4.この事業でのIot 機器の利用、見守り隊の意義

5.利用機器の機能と使用実例の紹介①

6.利用機器の機能と使用実例の紹介②

7.質疑応答

8.アンケート

Continue Reading

家族に「ここにいますよ〜!」と教えて負担軽減

貴方が外出する時に、貴方がいる大体の場所を家族に知らせるお守りを持つ習慣を今から積極的に付けましょう。

これだけで家族は安心。「いってらっしゃ〜い」と笑顔で安心して送り出してくれます。
外出中にもしも「気分が悪い」「足が痛い」など、異変が起きた時にあなたから家族に「ここにいるから迎えに来て〜」と知らせることもできます。これで家族も安心が増し、精神的な介護負担の減少にも繋がります。

Continue Reading

認知症高齢者の一番の介護負担は徘徊

貴方も自分のペースで散歩したり、友人と話したり、旅行に行ったりしますよね。

でも高齢になると家族は事故に遭わないか?徘徊で行方不明にならないか?など、心配事が増えます。

 

なかでも散歩に行ったのにいつもと違って

まだ帰ってこない、探したいけど、どこを探せば?

この時、家族は頭から血が引いたように感じ必死に探しますが、発見できずに警察に行方不明者として捜索願を出すことになります。

 

 

Continue Reading

介護負担を減らして自分の時間を持ってほしい

介護負担を減らして時間を作る方法

自分ひとりで介護負担を抱え込まないように介護保険でできることを実践、できないことは介護保険外のサービスを利用することで時間を作れます。

 

認知症による負担は大変!

病状によって違いますが、周りの人が注意すれば一緒に生活できる状態から妄想、絶叫や暴力等の病状が常にあるので家族との同居が不可能で専用の施設に入居が必要状態まであります。

Continue Reading

私たちも「もうじき高齢者!」

私たちももうじき「高齢者!」

子供や孫に介護をしてもらう?

子供や孫の人生が犠牲になりますよ!

希望の人生を私たちのために犠牲にしてほしくない!

高齢者の介護は義務、介護放棄は法律違反になります。

では私たちは今から何をしたらよいのか?

Continue Reading