地域力で創る!貴方の参加で創る! 高齢者と幼児に優しい町

月別: 2017年11月

大田区「区民活動コーディネーター養成講座」に29年9月より参加!

行方不明者になる前に捜索・見守り・保護を可能とする「高齢者と幼児に安全・家族に安心の Sweet town」 の実現を目指して大田区と地域の皆様との「見守りメール」事業との協働の第一歩のとして下記の養成講座に参加しております。

29年9月より30年3月の長期の講座です。講座の概要は下記のプログラムとなっております。

Continue Reading

認知症徘徊高齢者捜索模擬訓練に参加

 日時 平成29年11月18日(土) 13:00~16:00

場所 矢口特別出張所近接の公園

模擬訓練参加者数 約40名

認知症徘徊役及び付き添い役参加者16名その他実行委員の方々を含めると総人数80人程の大きな模擬訓練でした。下の写真は徘徊役の配置図で私(田中)はA2で徘徊高齢者への声掛け訓練の為に待機してニコニコしているけど話のつじつまが合わない人の名演技をしたつもりですが、当日は雨天で寒くて名演技になったか?でした。

 参加者の皆さんは初めての経験の人が多かったので声掛けの最初の一言に大変苦労をしてました。認知症の方との会話は難しいのですが皆さんの一生懸命に感心しました。

声掛けの訓練の後、八つの班に分かれて2名の徘徊者役の捜索体験を設定されたエリア内で実施しました。

共同主催のSOYLINKの方は位置情報機器(bluetooth利用方式)を持参しておりましたが徘徊者捜索の為の使用方法のプランが決まっていない様でした又徘徊役の参加者の1人がオーセンティック社の発信機を持参し方向指示の親機を使用してみましたが1台では殆ど捜索の役には立たなかったとの意見がありました。この機器を捜索に利用するには3台以上で徘徊者の位置を推定できる状態であれば有効度が大きくアップすると思います。

皆様、大変ご苦労様で御座いました。この訓練に認知症徘徊役の体験がこれからのNPO法人いずこねっとの活動に大いに参考にさせていただきます。有難う御座いました!

主催:ラン伴+おおた実行委員会の方々他の皆様との記念写真です。

 

 

Continue Reading

大田区の「高齢者見守りメール」が平成29年9月より配信開始されました

大田区高齢福祉課の行方不明高齢者支援対策として「見守りメール」を登録された地域の皆様に発信し、警察と共同して早期の捜索、保護を目指した新規事業をはじめました。

地域住民として捜索に協力したい方々、認知症の高齢者を介護なさっている介護者の方々は地域の包括支援センター又は大田区高齢者福祉課高齢者支援担当(電話03-5744-1250)にお問い合わせください。

いずこねっとは高齢者福祉課に行方不明になる前にIOT技術を利用して地域の皆さんと警察と協力して早期に捜索、保護を実行出来る方策を提案しております。
Continue Reading